インドカレースパイス 〜これが無きゃ始まらない!?〜

インドカレーや本格カレーでよく使われているスパイスは?

 

ドライカレー

デリードライカレー

 

 

多種多様なスパイスを組み合わせて作られるインドカレー。インドカレーで良く使われているスパイスの一部を紹介します。

 

ちょっとした なんちゃってカレーでも、
インドカレーのスパイスを使うことで本格的なカレーに一歩近づいちゃいます

 

 

インドカレー基本のスパイス

 

 

ターメリック

ターメリック

 

 

別名ウコン。
日本では胃腸の調子を整えたり、お酒を飲みすぎた時によく利用されています。

 

ショウガの仲間だそうで、上記の用いられ方もなんとなく納得です

 

 

辛さは全くなく、ウコンの黄色がカレーを美味しそうな色に彩ります

 

 

 

コリアンダー
コリアンダー

 

 

さわやかでスパイシーな香りが特徴のスパイス。

 

パクチー(香菜)の種を乾燥させたもので、
その香りはインド料理に欠かせないスパイスと言っても過言ではありません

 

 

他のスパイスとの調和をはかり、煮込むことでにとろみをつけてくれます。

 

 

カイエンペッパー
★カイエンペッパー★

 

別名チリペッパー・レッドチリペッパー。
カレーに辛さを与えるための赤唐辛子粉末です

 

 

ただ辛いだけでなく、香ばしいパプリカに似た香りがあるので、カレーの風味に一役買います

 

 

入れすぎると超辛いので要注意。

 

 

インドカレーのスパイスにはいろいろありますが、
とりあえずこの3種類、辛いのが苦手な方はターメリックとコリアンダーの二種類があれば初歩的な本格カレーが作れます

 

最近ではスーパーなどでもこれらのスパイスが売られているので気軽にインドカレーやスパイスを使った料理が作りやすくなっています

 

 

★辛いカシミールカレー★

 

 


このページの先頭へ戻る